美活脳®︎マイストーリー(マスマス)視点が磨かれると余白が生まれる♪♪♪

昨日の久しぶりに熱が出て、まどろみながらのふわりふわり。
 

夢なのか、どうなのかがわからないところを行ったり来たり♪♪♪

 

(写真は小豆島の千枚田・好きなんです♪)

 

この不思議な感覚が久しぶりで、たまには熱も良いなーって思ったのでありました(*´˘`*)

 

こんにちは。

販促サポーターの勝矢和美です。

 

ゆるゆると元気になりつつあるので、ぼちぼち仕事をしてまして、そして、大好きなマスマス(美活脳®︎マイストーリー)の事を書きたいなって思いました。

 

 「たまの熱も良いなー」なんて、思えるようになったのも、マスマス視点が磨かれて来たからやと思うのです。

 

マスマス視点は「マイストーリーを描く」というだけでなく、本来の目的は「多面的な視点を磨く」にあります。

 

マスマスに出会って1年少し、「多面的な視点」を磨けるようになると、いい事いっぱいです。

 

1.「なぜ私がこれをしたいのか」が明確になる。

 

2.「本当に応援したい人」が明確になる。

 

3.「共感できる人と繋がる」

 

これは、マスマス視点と販促視点が掛け合わさっての事なのですが、この3つが合わさると、とってもシンプルになります。

 

シンプルになると、余白ができます。

 

余白ができると、たまの熱もなんて事ない、デトックスの為の出来事になります♪♪♪

 

「なぜ、これをしたいのか」がくっきり際立つと、それをするためには、自分1人の力ではムリで、共感できる人と繋がれるようになり、頼んだり、頼まれたりの関係ができて行きます。

 

そして、改めて、周囲の人たちに支えてもらってる事に感謝もできます。

 

木を見て森を見て風を読む

 

 これ、マスマス×販促講座の打ち合わせをしてた時、マスマスの師匠、ゴハンさんこと、上村晃一郎さんから出た言葉です。

 

自分のらしい発信、その1つ1つは一本の木のようなものでもあるのだけど、それが重なっていく事で森になり、世界観になる。

  

風は社会全体が求めているもの。人々のキモチ。ここに価値が生まれる。

 

(写真は森じゃないけどイメージで♪♪♪)

私とゴハンさんが、マスマス×販促のコラボ企画で伝えたい事は、これなんだなって思います。

 

「自分のらしさ」が際立つこと、重ねていく事で世界観を作り、共感で繋がり、価値を生む。

 

マスマスはゴハンさんの本業、スキンケアアドバイスから、魅力研究を経て生まれたツールです。

 

自分を活かし、人を活かす。緩やかな共感で繋がる。そこに価値が生まれる。 

 

マスマス×販促講座で伝えたいのはこんなこと♪♪♪

 

日程は5/30.6/27です。

 

詳細はこちらのブログをどうぞ♪♪♪

 

ではではまた♪♪♪
 

 

関連記事

ブログの読者になる。

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

ページ上部へ戻る