マスマス(マイストーリー)は自分探しではなく、自分創り♪

今日はプレゼントレーニングで、桃谷の橋爪事務所へ。

 

写真は橋爪事務所が居心地良過ぎて、超ご機嫌の図です(*´˘`*)

 

*****

こんばんは。

販促サポーターの勝矢和美です。

 

マスマス(マイストーリー)は自分探しではなく、自分創り♪

 

仲良い友達に、「かずみん、マイストーリーとか、夢新聞とか言ってるけど、イマイチピンと来ない…」

 

そういわれて…^^;

 

でも、この気持ち、わたしもとってもよく分かるのです。

 

どちらかというと、私もそんなに興味なかったほうで…

 

「夢」とか「マイストーリー」とかいうより、目の前のことを一生懸命やりながら、流れに乗って行くタイプ

 

そう思ってるので、「マイストーリー」も「夢新聞」も最初から、ピンと来ていたわけではないのです。

 

夢新聞の話はまた、改めてしますが、今日は「マイストーリー」との出会いのお話を書きますね♪

 

「マイストーリー」に出会ったのは「ニュースレターに活きる自己紹介の作り方」

 

こんなタイトルのセミナーだったと思います。

 

そこで講師をされてたのが、マイストーリーの師匠、ゴハンさんこと、上村晃一郎さんでした。

 

ニュースレターは私の大好きなテーマやし、主催は私が勉強していたワクワク系マーケティング実践会の大先輩の米澤晋也さんたち。

 

ニュースレターはずっと書いてたけど、改めて勉強したいって思ったのが、参加した理由です。

 

ですがですが、セミナー中にニュースレターはなかなか出て来ない^^;

 

結局、ずーっと「マイストーリー」のセミナーだったのだけど、それだけニュースレターに自己紹介が重要ってことなんですよね…

 

私も販促サポーター仕事をしていくうちに、だんだんわかってきたのだねど、ニュースレターだけでなく、SNSの発信でも、その人の本当の想いが見えて来ないと、もう一歩の信頼関係が気づけない^^;

 

スマートなんだけど、優しそうなんだけど、響いて来ない、そんな人がいます。

 

っで、実際に会ってみると、めちゃくちゃ、あったかい、想いの強い人の場合が多々ある…

 

……これってめちゃくちゃ、もったいない^^;

 

そして、これって、本人は気がついてないのですね。自分の根っこにある想い。自分のものすごい価値を。

 

私はどちらかというと、そういうのに気づいて、もっと聴きたいタイプなので、掘っていく。

 

そして……

 

これを、この方の、お客さまに聞かせてあげたいって思う。

 

そしたら、もう、この人とお客様の間に、ぜったいな信頼が生まれるから…

 

何人ものオーナーさんに会いながら、そんなことを思うから、「マイストーリー」で、ぜひぜひ、自分の価値に気づいて、そして、SNSやニュースレターでお客様やスタッフさん達とぜひぜひ信頼関係を築いて欲しい。

 

そう思っています。

 

そして、もうひとつは、

 

マイストーリーの視点を繰り返す事で、表面に現れていない、自分の可能性を見つける事ができます。

 

これは、私がマイストーリー視点(マスマス視点)を繰り返しながら、自分の可能性を見つけている、今、思っていること。

 

自分の可能性というのは、言い換えたら、天命とか、使命っていうのかも知れません。

 

なんじゃそら?って思う人もいるかも知れません。 でも、やっぱり、人って天命を受けてのこの世のお役目があるのだと思います。

 

私は「自分らしく生きる事で仕事も活きるお手伝い」をするのが、自分の天命だと思ってます(*´˘`*)

 

売店の仕事してる時は、売店の仕事が天職って思ってました(笑)

 

どちらも正解だと思うし、こうなる為に、過去があったと思います。

 

そして、「自分らしく生きることで、仕事も活きるお手伝いをする」ことが天職なら、もうちょい、エンジンかけて、人にも助けてもらいながら行かないと、自分の天職を全うできないな。

 

だから、がんばろー!

そう思っています(*´˘`*)

 

そして、こう決めたら、その為の出会いが増え、この波に乗って行きたい。

 

今の私の心境です。

 

*****

 

自分の思いをお客さまやスタッフさんに伝えきれてないなーって思う方は、伝え方のブラッシュアップにもなると思うし、自分のまだ見えてない可能性を発掘したいなぁって思う方、ぜひぜひです♪♪♪

 

マスマス(マイストーリー)は自分探しではなく、自分創り♪♪♪

 

5/30.6/27に大阪で講座をします。

詳しくはこちらのブログご覧下さい♡

ぜひぜひご一緒しましょう。

関連記事

ブログの読者になる。

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

ページ上部へ戻る