「次世代へ自分たちが大事にしてきた想い・風土を伝えて行きたい」byスピンズ・中井さん

私、人の行動や想いの根っこにとても興味があります。

 

だからマイストーリーワークが好きなんだと思うし、日常でも、「この人の行動や想いの根っこってなんだろう・・・」ってそんな観察をよくしてます(*^^*)

 

そんなわけで、先日、とても興味をもっていた、株式会社ヒューマンフォーラムの中井和人さんをたくらみ屋・マネージャー通信のインタビューと、8月にアメリカ村・ブルータスビルのspinns vintage&café(スピンズ ビンテージ&カフェ)で開催される夢新聞の打ち合わせを兼ねて、いろいろお話聴かせてもらってきました♪

 

「素晴らしき仲間の集い・ええヤツの育成」を次世代に伝えていきたい

 

マネージャー通信のインタビューと夢新聞の打ち合わせで、中井さんや岩月さん、伊藤さんから聞かせてもらった言葉の数々を全部まとめると、この一言に集約されるんじゃないかなって思います。

 

 

株式会社ヒューマンフォーラムさんは京都に本拠地があり、「スピンズ」はじめ、アパレル業態で全国30店舗ほど展開されてます。

 

中井さんはその中の関西を統括されてる幹部さんで、岩月さんや伊藤さんもマネージャークラスの方です。

 

「ひとまず、たくらみ屋さんのセミナーを片っ端から受けてみます。」

 

中井さんと私が出会ったのは、ちょうど1年前。

 

たくらみ屋で開催された・指示ゼロショートセミナーです。

 

(指示ゼロ経営に関しては、こちら米澤晋也さんのブログをどうぞ)

 

そこでも中井さん、スタッフさんを4-5名と一緒に参加してくださいました。

 

そして、その後、改めて、たくらみ屋のボス・森本繁生さんにミーティングを申し込まれ、1時間ほど、思考整理をされた後、

 

「ひとまず、たくらみ屋のセミナーに片っ端から参加します。」

 

そう言われ、そして、本当に、数々のセミナーに、ご自身もだし、スタッフさんをもたくさん一緒に受けてくださいました。

 

 

・指示ゼロ経営(ベーシック)

・指示ゼロ経営(賃金セミナー)

・社長のための夢新聞

・MG(マネージメントゲーム)

・マイストーリーワーク

 

 

 

この間、4ケ月ほどで、その度々に4-5名で参加されるので、延べ人数にすると20名以上になったと思います。

 

そして、なんと、スピンズ梅田HEP FIVE店のスタッフさん約25名を「予算達成ご褒美旅行」と称して、指示ゼロの本拠地・米澤さんのもと、信州フューチャーセンターへ行かれました。

 

 

ご褒美旅行と称しても、実質的には研修。

 

だけど、この参加されてる皆さんの嬉しそうな顏ったら♪♪♪

 

チームの躍進と中井さんの新しいチャレンジが始まって行く

 

そして、梅田店だけでなく、中井さんエリアのスピンズさんの躍進が始まって行くのです。

 

たくらみ屋セミナーでご一緒させてもらった、スピンズさんのスタッフさんたちのFacebook投稿から、新店オープンやリニューアルオープンや予算達成や・・・

 

様々な課題に向けて、チームでクリアしたことの喜びを、「仲間のおかげ」「支えてくれたみんなのおかげ」「地域の人たちのおかげ」「お客様のおかげ」

 

この言葉とともに、みんなの熱い気持ちと、周囲の人へ対する感謝の気持ちが、たくさんたくさん届いたのです。

 

*****

 

この、みんなの熱い気持ちと、周囲の人へ対する感謝の気持ちがすごいなって私、思ってたのです。

 

セミナーで会った時もです。

 

スピンズさん、会う方会う方、挨拶や礼儀正しさ、とても素晴らしいのです。

 

そして、マイストーリーワークも8名ほど受けてくださったのですが、ほぼみんな、純粋な想いとして、「仲間が働きやすい職場にしていきたい」っていう言葉が入っているのです。

 

だから、お店でのそれぞれの課題を達成された時の投稿の言葉、周囲への感謝の気持ちは、「仲間のためにがんばって行きたいっ」て思ってる、みんなそれぞれの夢にも確実に近づいてるんやろうなって、とっても嬉しくなっってたのです。

 

*****

 

スタッフさんの快進撃と並行して、中井さんは中井さんで着々と新しいチャレンジを進められてました。

 

そうやってオープンしたのがこちら。

 

アメリカ村・ブルータスビルのspinns vintage&café(スピンズ ビンテージ&カフェ)

 

 

このカフェをオープンするにあたっての、中井さんのチャレンジの過程を私、またまたFacebookをみながら、とてもワクワクしていました(*^^)v

 

そして、これら一連(スタッフさんの躍進と中井さんのチャレンジ)の想いへの興味がムクムク沸いていた私(*^^)v

 

だから、今回、たくらみ屋マネージャー通信のインタビューを申し込んだのでした。

 

(前置きが長い・・・(^^;)

 

次世代へ自分たちが大事にしてきた想い・風土を伝えて行きたい

 

*ダブルピースは中井さんのトレードマークです♪

 

「うーん・・・」と思いを巡らせながら・・・

 

ヒューマンフォーラムの企業理念は「素晴らしき仲間の集い」であり、人材は「ええヤツの育成」

 

ええヤツの定義は「元気で明るく、ちょっとアホ」

 

ボクらはこのヒューマンフォーラムの理念・風土・文化を、創業者の出路さんたちから直接もあれば、間接もあるけど、受け継ぎ、みんなで創ってきた。

 

自分もまだまだ開拓していく立場ではあるけど、次世代に繋げていく立場でもある。

 

でも、この繋げ方がイマイチわからず、迷っていた。

 

ヒューマンフォーラムは、「守・破・離」の型がある。

 

だから、礼儀とか、人としての基本教育もとても大事で徹底している。

 

だけど、そこを修得したら、次は「破」に行かないといけない。

 

「守」のところは伝えやすい。

 

「破」「離」をどう伝えていったらいいのかわからないところ、指示ゼロセミナーを受け米澤さんや、森本さんと話し、直感的にこれだ!と思った。

 

ヒューマンフォーラムの文化・風土は指示ゼロやたくらみ屋のメソッドにあてはめると継承できることを、直感でわかった。

 

 

***

 

ボクもまだまだ、チャレンジを続けていく立場だけど、このヒューマンフォーラムの理念・文化・風土を繋げていきたい。

 

スタッフにもだし、お客様たちとも共有していきたい。

 

ボクらはファストファッションの業界にいる。

 

ファストファッションの良いところもあれば、良くないところもある。

 

でも、だからこそ、ボらができることがある。

 

「素晴らしき仲間の集い」「ええヤツの育成」

「ファスト」だからこそ、できた時間や、リユースできること。

 

このspinns vintage&café(スピンズ ビンテージ&カフェ)はそのための「繋がりの場」として創った。

 

床貼や壁の色塗り、はじめ、めんどくさいことをみんなを巻き込んで創って行った。

 

だからこの場をみんなが自分の場として、今度はみんなのまわりを巻き込んで、ここからまた新しい繋がりの場となって行って欲しいんです。

 

*****

 

ここから、8月の夢新聞開催に繋がって行くのですが、それはまた機会を改めて・・・(^^;

 

なんだか、私、やっぱり、中井さんのお話聴けて良かったなーって思いました。

 

中井さんの「たくらみ屋のセミナーを全部片っ端から受けます」の熱い言葉はもちろんだけど、お会いしたスピンズのスタッフさんたち、みんな若い(20代~30代)男性も女性もみんな礼儀正しくって、仲間想い。

 

なんでこんなにみんな軸が通っていて、想いが強いんだ???

 

みんな経営者じゃないよ?

 

なのに、なぜ、こんなに仲間想いで勉強熱心なの???

 

この私の疑問が、中井さんへのインタビューで、スッキリしました(*^^*)

 

「素晴らしき仲間の集い」「ええヤツの育成」

「ファスト」だからこそ、できた時間や、リユースできること。

これらを次世代・スタッフやお客様へも繋げていきたい。

だからこその繋がりの場

 

ぜひ、そんな想いの詰まったspinns vintage&café(スピンズ ビンテージ&カフェ)へ行ってみてください(*^^*)

 

そして、中井さんのインスタグラム#アホの伝道師ぜひ、フォローしてください。

 

中井さんだけでなく、私たち、大人も「素晴らしき仲間の集い」「ええヤツの育成」次世代に繋げて行きたいですよね!

 

たくらみ屋でのセミナー・そしてマイストーリーワークも。

その一役になれて、とても嬉しいです(*^^*)

 

***

 

なかなか全国的に大雨が治まらず・・・被害がこれ以上、広がりませんように・・・

皆さまもどうぞご無事でありますように・・・

 

募集中のセミナーのご案内

■8/7開催:「あなたに会いたいといわれる存在になる発信講座」

日々何気なくしている発信が、ご縁が繋がっていく発信に変わります。

大事なことは軸にある自分の「本当の想い」と「素の個性」

その大事な2つが発信に乗ることで、発信からご縁が広がります。

発信が苦手・・・と思われてる方や、想いを伝えるのが苦手・・・そう思われてる方、自分の本当の想いを磨きながら、応援者と繋がり会える発信のコツを一緒に学び合いましょう。

詳しくはコチラ

 

関連記事

ブログの読者になる。

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

ページ上部へ戻る