夢新聞で伝えたいこと

昨日は中学3年生への夢新聞で兵庫・豊岡まで。

夢新聞・講師は簡単な説明を最初にするだけで、あとはみんなに任せます。

 

 

夢は職業でなくてもいいよ。

自分の好き・得意なことで、誰が喜んでくれるか。

それが叶った日のことを、自分が新聞記者になったつもりで書いてね。

「みんなで協力しあって、全員が、制限時間以内に書きあげる」

これがミッションだから、絵が得意な人は絵が苦手な人を手伝って上げ、

「夢がわかんない・・・」って子がいたら、日ごろ、その子が好きで夢中になってる事や、得意なことを、仲間が教えて上げてね。

そんな投げかけだけをします。

最初はなかなか書き出せなかった子たちも、仲間でしゃべったり、助け合ったりしながら、刻々と迫る制限時間に向かって、仕上げて行きます。

そして、見事、全員仕上がり、夢発表タイム♪♪♪

**********

メイン講師の渡辺愛ちゃんから、みんなへのメッセージ

「夢発表の時のみんなの表情みるのが一番好きです。

発表してる人も、聴いてる人もみんな笑顔で、そして拍手で応援しあってます。

今描いた夢が、叶ったらもちろん嬉しい。

だけど、叶わなくても、また夢が別のものに変わっとしても、それでいい。

でも、みんなが夢に向かってる様子、夢を話す様子は回りの人だって、笑顔になるし、応援したくなる。

そのことをね、知っててもらえると嬉しいです。」

 

********

 

そして、先生からは、

「進路指導ではね、どうしても成績や現実的なことになってしまうから、固い雰囲気にもなってしまうのだけど、

みんなで机を囲んで、夢を応援しあえる時間は、本当に良かったです・・・」

この言葉もとっても嬉しかったです♡

 

*************

こちらの写真は、今回の主催者、兵庫県西脇で新聞販売店をオーナーの吉田旭伴さん(よっさん)のクラスのもの。

(私たちのクラスは、全員写真を忘れたのです・・・(^^;)

みんなの晴れやかな顏がとっても嬉しい♪♪♪

 

**********

私は子どもがいないので、子ども夢新聞の時はメイン講師はできないなって思ってます。

リアルでないことは伝わらないからね・・・

でも、こうして、学校や子どもたちに関われることは嬉しいし、

親でも先生でもない大人の立場として、「あなたたちの未来を信じて応援してる。」このメッセージだけでも伝わったらいいなって思います。

そして、やっぱり、大人の自分たちも、自分たちの未来を信じて、進んでいきたいなって思うのです♡

「自分好き・得意・喜んでもらえること」「応援してくれる相手を想う」「仲間を信じ、仲間を応援する」・・・

ハイ!

中学生のみんなの晴れやかな顏を思いながらの夢新聞、振り返りなのでした♪♪♪

 

ではでは♪♪♪

 

■夢新聞関連でただいまおすすめのイベントはこちら

嘘でもいいから飛躍的した夢を描く・社長のための夢新聞

 

お問い合わせ

マスマス×販促サポーター・勝矢和美
Imanimaru(イマニマル)代表
美活脳®︎ジュニアナビゲーター(マイストーリーナビゲーター)
BMR(ビジネス夢新聞)認定講師
TOCジュニア・インストラクター
デジタル販促実践塾1・2期生
お問い合わせ、お待ちしています!

私、勝矢和美のSNSです。のぞいてみてくださいね!
 

 

 

 

関連記事

ブログの読者になる。

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

ページ上部へ戻る