好きを集めながら、自分でコーチングしていく

「人は誰でも、いくつになっても成長したい。」

マイストーリーのナビゲートをはじめて、もうすぐ2年になるんだなーと♪

先日数えてみたら、延べ人数で180名。

その中のほとんどの方が、マイストーリーワークをしながら、自分の中の成長欲求に、ハっとする嬉しい表情で気づかれた。

この嬉しい表情が見れるのが、マイストーリーワークをやっていて、とても楽しいところです(*^^*)

「快」を集めることで自分が見える

「好きな場所、子どものころから得意だったこと、コツコツ取り組めること・・・」

実際、日々の生活は忙しいので、「自分の好きなこと」を意識する機会もあまりないし、「子どものころから得意だったこと」なんて言われても、

自分の中では当たり前すぎて、気づかない(^^;

だけど、それがじわじわ、自分の本当の強味であることがわかってきます♪

自分が見えると余裕・余白が生まれる。

自分の好きなところもあれば、嫌いなところだってあるし、人生、挫折もあれば、逃げたことだってある(^^;

まだ癒えていない傷はあえて触らない。

でも、時間がたってみると、それが自分の中の強味になっていることも多いのです(*^^*)

余白が生まれるから「間」がとれる

学生時代、仲間とやって楽しかったこと。これから仲間と一緒にやって行きたいこと。

一人で何かを頑張るより、仲間とやるほうが、楽しいし、広がる。

そして、その為にも、やっぱり成長したいと思う。

「間がとれるから「他者」が見える

近づきすぎると相手が見えない。

自分の背景や支えてくれてる人たち。

自分が今ある背景や、環境に改めて感謝(*^^*)

「他者」が見えるから「与え上手」「応援上手」になる

応援したいと思ってる人と、応援してくれてる人は一緒(*^^*)

他者を応援したいと思う気持ちが、「他者貢献」「仕事」に繋がっている。

自分たちの創造性の可能性を発見し・伸ばしていきたい♪

「好きを仕事に繋げる」って言葉は、言葉自体でとらえると、そうは言ってもなかなか・・・っておもうところもあるのだけど、

「好き」を集めると「余裕」「ゆるみ」「リラックス」できるのは本当で、

デスクワークも緊張の場、張り詰めた空間でのデスクワークと、程よい音楽が流れていて、ゆるい空気感の中の方が、創造性が発揮しやすい(*^^*)

「うちの業種は創造性とか必要ないから・・・」って仕事はこれからどんどんAIに変わっていくだろうから

(それはAIのほうが得意だから、そちらはお任せして♪)

創造性をやっぱり養っていきたい♪

*****

私も本当に、自分の中に一体何の得意があって、それで何のお役に立てるんだろう?ってマイストーリーに出会った2年前は、病院売店を辞めて半年くらいだったから、

本当に、いったい何があるんだろう?って、不思議もいっぱいだったけど、

マイストーリーワークのナビゲートを重ねながら、自分の中がゆっくりゆっくり掘り下がっていったら、

自分の中には、これからも成長できる、資質の可能性がどうやらたくさんあるようで、とてもワクワクしています。

好きを集めながら、自分でコーチングしていく

自分の中の資質を、誰かに頼るのではなく、自分で発見、磨いていくのは、まさしく自分を生きることだし、

だからと言って、自分の我で生きるわけではなく、他者の力や視点も借りながら、自分で自分をコーチングできる、マイストーリーはやっぱり好きだなあって思います(*^^*)

***

最後まで読んで頂きありがとうございます。

今日の皆さまも良い一日でありますように♪

ただ今募集中の講座&メニュー

◆「セルフコーチができるようになる・チームのためのマイストーリーワーク」

販促でも一番大事に思うのは、自分や仲間の個性が活きること。

そして、ヒアリング力と視点活用です。

マイストーリーワークを通じて、アンテナを磨き、活用力をつけます。

11/27(火)大阪 チームのためのマイストーリーワーク

◆ 【セルフコーチナビ・セッション】

家族も大事にしながら、自分も仕事で成長して行きたい。

そう思ってる方をセルフコーチ・ナビでサポートします。

  • 導入セッション30分:無料

概要説明とどうなりたいかのヒアリング

  • セルフコーチングナビ・セッション 1回60分×3回 1回15,000円

(1回ごとの申込みでも可)

  • まとめセッション60分:無料

場所:基本は大阪・たくらみベースまたはZOOMセッションも可能です。

ご興味ある方はFacebookメッセンジャーかお問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連記事

ブログの読者になる。

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

ページ上部へ戻る